低金利でお金借りるならどこがいい

多くのカードローンやキャッシングサービスが提供されていますが、利用用途に応じて業者を選択する必要があります。最も基本的事項となるのは金利です、やはり、何といっても低金利であるに越したことはありません。金利差があると毎月の返済額はもちろんのこと、総返済額となると大きな差が出てしまいます。

通常、低金利を売りにしているのは、銀行系カードローンです。銀行ですので資金の調達コストが低い分、低金利サービスを提供できます。また、消費者金融業者とは違い貸金業者ではありませんので、総量規制の適用も受けることはありません。ただし、三菱東京UFJ銀行バンクイック審査みずほ銀行カードローン審査などの大手銀行系カードローンは低金利であるケースが多いのですが、銀行とは名ばかりで消費者金融なみの金利のカードローンもあるので注意が必要です。

消費者金融キャッシングの場合には、銀行系カードローンと比べると、資金の調達コストが高いためどうしても高金利での提供となります。従って、通常の利用であれば銀行系カードローンがおすすめです。ただし、資金の借入期間が短く返済時期があらかじめ決まっている場合には、消費者金融キャッシングのほうがお得になるケースもあります。例えば、ボーナスまでの期間や給料日前の厳しい時に借りるケースです。この場合には、消費者金融系で提供している無利息サービスが有効です。

このサービスは、いくつかのタイプがありますが、多いのが初めての利用者限定で30日間の無利息サービスを提供するというものです。従って、予め返済予定が立っているケースでは有効な方法となり一考の余地ありとなります。ただし、2回目以降の借入については通常の高金利となりますので、継続しての利用する可能性がある場合には銀行系カードローンということになります。

過去のことが大事です

カードローンの審査に大事なことは、もちろん住所、電話番号、住居形態、などが基本的なことになってきますが一番大切だと思われるものとして、まず考えられるのは住宅金融のローンなどの有無や、他の商品などによるクレジットの有無などが重視されてくると思います。そのほかに考えられますのは、持ち家であるか、持ちマンションといったように物件などの本人所有という部分が大きいのではないかと思います。ですから普通に商品を買った場合クレジットを組む場合は審査の場合他のクレジットがあるかどうかということなどを考慮すると思うのですが、カードローンの場合は書面というものが不要な場合が多いですから当然のごとく住居に関することを審査すると考えます。

前述しましたが、住宅ローンなどがありますと、なかなか融資を受けたりすることができない場合も多いと思います。支払い年数などが何年単位ならまだしも、住宅ローンの場合は何十年も支払って行くケースがほとんどですから、そのあたりは厳重に審査してくると思います。当たり前のことですが、もうひとつありますのが、収入証明書というものを提出できる方かどうかということも審査になってくると思います。ですから収入証明書つまり、年収がどのくらいかということを会社側は知りたいわけです。その方に支払い能力があるかどうかということが一番のカギになってきますから、収入証明書などが必要な場合、収入証明書を提出できなければアウトということになります。

付け加えますならば、他の融資会社からお金を借りているかどうかということも必ず審査の対象になってくると思います。どれも大事なことばかりですが、用は信用の問題ですから、簡単に審査の通過ということは絶対にないと思います。現代は銀行も郵便局もJAバンクでも堅いです。どの対象のカードローンも審査そのものはあまくありません。万全の準備をしておくことが大事かと思われます。特に消費者金融ほどきびしいかと思います。

PAGETOP
Copyright © 低金利でキャッシングするならどこ? All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.